焚き火の魅力を10倍ひきだす虎の巻

焚き火の前にいるとリラックスできる。心が開放されゆったりとした感覚になる。初対面でも仲良くなれる。素直な気持ちになれる。自然体の自分に戻れる。人と人をつないでくれる。焚き火とコミュニケーションは密接な関係にある。そんな焚き火にしかできない魅力を10倍引き出せるコツとツボを紹介したい。

 

焚き火の歴史に思いをはせる


遙か昔、人が「火」を手に入れてから随分長い時間が経つ。暮らしの傍らには必ず火があった。太古の遺跡から焚き火の痕跡が発見されている。100万年前に南アフリカの洞窟で草木を燃やした獲物を食べた形跡がある。火は古来から人を守ってきた。人類発展の最大の要因は火を手に入れたことだと言われる。人類は火を操って道具を開発して進化してきた。火の対する敬意と愛情は人間のDNAに刷り込まれているのだと思う。焚き火は人類の原点。安心の象徴と言える。

 

焚き火の効果

焚き火には「明かりを灯す」「暖をとる」「調理をする」の3つの効能がある。住まいに明かりを灯し、夜間でも活動できる環境を確保する。古代には明かりは動物から身を守ってくれる。からだを保温し衣類を乾かして寒さから身を守ってくれる。食物や水を加熱調理し、安全に口にできるようにする。このように焚き火は衣・食・住の3要素に密接に関係している。

 

焚き火の効果プラス1

焚き火のもう一つの効能が「精神的安定」だ。日常から心を解き放つ、非日常、開放感、心のぜいたくな時間がながれる。五感が開く体験ができるのも焚き火の特長と言える。時折薪がはじけパチパチと音をたて、炎のぬくもりがじんわりと伝わり、おき火は柔らかに瞬く。

焚き火の温もりが皮膚感覚から伝わると、脳は精神的な抑圧から解放されるような気分になる。文明が発達して人間は自然とのやりとりを失いつつある。でも脳は無意識のうちに原始からの焚き火の効能を覚えている。焚き火を囲んで思い出してみよう。焚き火の炎のゆらめきを見る、薪の爆ぜる音、木々の揺れる音を聴く、焚き火の香り・料理のにおい、焚き火料理を食す、焚き付けを拾う、大地と触れ合うといったものだ。

焚き火は眺めているだけで気持ちが良く心が和む。文明から遠く離れた環境(大自然)の中で精神的ストレスを和らげてくれる。暗闇の中で灯る明り、じんわりとした暖かさ、料理の美味しい臭い、炎のゆらめきと薪の爆ぜる音の癒やし効果。一人でいる時には孤独や不安を和らげてくれる。

焚き火の炎には1/fゆらぎがあるという。波の音、星のまたたき、風の音、小川のせせらぎに感じられるものだ。ただそういう理屈ではない世界に焚き火の魅力があるのではないだろうか。火を見ていると何となく落ち着き、素直な気持ちになれるのは悠久の昔からの遺伝子がそうさせているのではないだろうか。

 

焚き火とコミュニケーション

焚き火のまわりに人が集まれば自然な会話が生まれる。同じ火を見つめる。薪を動かしてみる。相手の顔を見なくていい。話したくなければ無理に話す必要もない。あくまで自然体。適度な距離感と一体感の中、特別な時間が共有できる。何分もの間、焚き火の火だけを見て無言になっている人の輪。聴こえるのは焚き火の爆ぜる音。お互いに無理をしない。ありのままの自分でいられる場。これこそ焚き火コミュニケーションの真骨頂。焚き火は、他者とのコミュニケーションを自然な形で促してくれる。同時に自分とのコミュニケーションを演出してくれる。

秋から冬になると落ち葉焚きで焼き芋をつくり、火遊びをしては「おねしょする」と脅かされながら火をつついた。ひと昔前、焚き火や落ち葉焚などに人が集まる機会は日常の風景だった。火はコミュニケーションを促進する重要な役割を果たしてきた。大阪ガスエネルギー技術研究所では、火の心理的な効用を検証する実験を実施した。暖炉の有無によって人間の親密度やコミュニケーションに変化があるかどうか調べ、波や魚など自然界にある動きは無意識で見られるため 集中力回復など癒しの効果がある。 暖炉の火にも同じ効果が考えられ、親近感が増しコミュニケーションが促進される」とした。(2004年)

心理学で「安心安全な場」と呼ばれるものがある。この場ではどんなことを話してもいい。批判や否定がない。みんな受け容れてくれる。自己開示と他者受容の両方がないとできない場だ。焚き火はそれができる場を演出してくれる。焚き火最大の魅力はフラットなコミュニケーションと人とのつながりをつくることにある。

 

人のまん中に焚き火

かつて日本の家には囲炉裏やかまどがあった。日々の生活は火を焚く炉、囲炉裏を中心に営まれた。火を囲んで食事をし、暖をとり、団らんし、安心して眠る。こたつや鍋でも同じことが言える。人は誰でも、暖かくて明るい場所に寄りたがる。ネイティブアメリカンには「トーキングサークル」と呼ばれるものがある。「車座になって座し、話をすることでこころの内を共有することはネイティブの伝統である。/ジョン・ピーターズ(スロー・タートル)ワンパノアグ」と引用されている。

 

焚き火とバーベキューのちがい

焚き火とバーベキューは同じもののようにとらえがち。でも全く違うものだ。共通点は火を中心に人が集まってくるというところ。コミュニケーションの視点では、バーベキューは大勢でワイワイやりながらたのしむもの。焚き火は少人数で小さな火を囲んで語り合うもの。そして一人で自分と向き合える時間をつくり出せるもの。焚き火本来の醍醐味を感じてみてほしい。

調理という視点では、バーべキューはバーナーや着火剤をつかって炭をおこすもの。焚き火はマッチ1本でおこした火を少しずつ育てていくものだ。バーベキュー=焼肉、焼き野菜というイメージに対し、焚き火料理は焚き火だけを使って食材まるごとを生かしたシンプルなものと言える。ワイルド、豪快というイメージがあるかもしれない。焚き人スタイルはそういった無骨でワイルドなものはなく、シンプルだかちょっとオシャレ、こだわり感のあるものだ。焚き火料理にはおき火が最適だ。赤外線効果で表面はパリっと中はホクホク、食材のうま味を逃さずいただくことができる。焚き火といえばダッチオーブン。煮る、焼く、炊く、揚げる、蒸すが放っておいてもおいしくできる魔法のなべ。これなしで焚き火料理は語れない。

 

自分で焚き火をしてみたいときのコツと注意点

さあ、はじめて焚き火をやってみたい!そんな時にはどうしたらいいか?まず焚き火をどこでやるのかを調べること。次に必要最低限な道具を用意すること。実際に現場に行ったら焚き火ができるような準備をすること。そして実際に火をおこしてみること。安全管理を怠らないこと。最後は焚き火のあと始末。このながれをおさえておくことが必要になる。ここから先は各々の詳細について解説していきたい。

 

焚き火ができる場所

とても残念なことだが、最近はどこでも焚き火ができる状態ではない。廃棄物処理法では野焼きの禁止規定が盛り込まれている。ただし「焚き火その他日常生活の焼却であって軽微なもの」は例外規定になっている。農林業、漁業を営むための廃棄物の焼却やどんと焼などの風俗習慣や宗教上の行事のための焼却も例外となっている。自治体の条例で住宅街に禁止区域があったりルールが違うので注意が必要だ。

地面で直接焚き火をすることを直火という。特に町中に近いところでは直火が許されているところ自体が数少ない。直火OKでも木の根っこや植物が生えているところは避けておきたい。木そのものの生命にかかわるし、環境や生態系をこわすことにつながるからだ。

となると焚き火が安心してできるのはキャンプ場ということになる。キャンプ場でも直火禁止のところの方が多い。事前にどんな条件になっているかを調べておきたい。

 

焚き火の道具

薪を小割りにするためのナタか手斧。手斧は火が着きやすいように削るナイフ、木のささくれや熱から手を保護する耐熱性の手袋、マッチもしくは柄の長いライター。マッチ1本で着火が醍醐味だが慣れないうちはライター。薪を移動させる火ばさみ、火おこしの際あおぐうちわ。細いロープ、せんたくばさみ、ヘッドランプ。ここまで用意できたら完璧。でもそもそも焚き火は誰でもすぐにできるのが魅力。最低限の道具でまずは一度試してみよう。

キャンプ場でも直火禁止のところが多い。そうした場所では焚き火台を利用する。焚き火台は大小ある。焚き火のみをたのしむのなら小さくてコンパクトに畳めるサイズのものがおすすめ。料理をするならダッチオーブンなどの重さに耐えられるものを用意しよう。

 

焚きつけと薪拾い

着火剤と焚き付けを用意する。着火剤は市販のものではなく新聞紙とマッチをつかいたい。マッチ1本で火おこしする醍醐味を味わってほしい。焚きつけは枯れ葉、枯れた杉の葉っぱ、松ぼっくり、樹皮などだ。茶色で枯れたものが最適。これに大小の小枝たちを集めたら万全になる。スギやマツには脂が多く含まれていて火つきがいい。家庭のものを使うのなら麻ひも、ティッシュ、牛乳パックなどが燃えやすい。

特に伝えたいのが「焚きつけ集め」のたのしさ。森や林の中の新鮮な空気を吸いながら知らない間に没頭している自分がいる。焚きつけになる小枝は、わざわざ遠くにいかなくても近くの公園で落ちている。「これも最高の焚きつけになりそうだ・・・」そんなふうに思うとワクワクしてくる。常日頃気にも留めないところに目を向ける。それだけで木や自然に関心が湧いてくるから不思議だ。「この木は何十年この場に立っているんだろう?」「ずっとその間自分たち人間を見てきたんだろうなあ・・・」そんな気持ちにさせてくれる。こうした自然があって自分たちが生かされていることを実感する。一度焚きつけ集めの魅力にハマるとやめられなくなる。そのくらいたのしいものだ。

 

焚き火の火おこし

焚きつけは太さごとに分けておく。薪が太いときはナタや手斧で小割りにする。薪の皮はナイフで毛羽立たせると火がつきやすくなる。火が着いたときにすぐ次の焚き付けが投入できるよう手の届くところに整理して置いておくのがベスト。ライターの火を直接薪に近づけている人を見ることがあるがこれでは燃えない。まず火口(ほくち)になる焚き付けに火をつけ小さな炎をつくる。この炎をつくるという感覚が重要。小さな火を少しずつ育てていくイメージだ。

焚き火がなぜ燃えるのかの原理を知っていると、火おこしの仕方が理解できる。焚き火が燃えるには、燃料と酸素と熱の3つのバランスが必要。このうちのどれか欠けると焚き火はうまく燃えない。燃料つまり薪が適度に入っているか?空気を十分に取り込めるようになっているか?温度を保つよう熱が集中しているか?この3つを意識することが大切だ。

 

焚き火の薪~針葉樹と広葉樹

焚き火に使う樹木には大きく2つの種類がある。スギ、マツ、ヒノキに代表される針葉樹とクヌギ、ナラ、カシといった広葉樹だ。針葉樹は燃えやすいが火持ちが良くない。広葉樹は火つきが悪いが火持ちがいい。火おこしから最初の段階では針葉樹、焚き火が安定してきたら広葉樹へと両方を組み合わせて使いたい。

 

焚き火の安全管理

火を扱う以上、安全管理をしっかりしておきたい。バケツに水を入れて置いておくこと。周囲に燃え移ったときにいち早く消火できるようにしておこう。衣服に引火することがあるので注意が必要だ。特にナイロン生地のもの、袖口は火がつきやすい。服やタープに火の粉が飛んで穴があくなどよくあることだ。

焚き火をしていてよくあるのがちょっとしたやけどや切り傷。やけどは調理用でジ斬した保冷剤で冷やす、切り傷対策で消毒液とバンドエイドを持参しておくと便利だ。もちろん大きな怪我になったときは病院での治療が必要になる。

 

焚き火のあと始末

焚き火をたのしむならきちんとしたあと始末まで意識してほしい。一番望ましいゴールは薪をすべて燃えつくさせること。すべて燃えつくすためには撤収時間から逆算して薪の入れ方を考えておく必要がある。中途半端に薪を投入すると燃え残りをつくってしまうことになる。燃えつくしたら水をかける。炭は燃えていなくても高い熱をもっているので注意してほしい。

一部のキャンプ場では燃えカスをそのまま残すとか、地面が汚れたままになっている光景を目にすることがある。多くのキャンプ場で直火禁止になったのはこうしたキャンパーのマナーの悪さが原因の一つと言える。自然の恩恵を受けたのだから自然な形に戻すこと。焚き人として基本のマナーを守っていきたい。

 
はじめて焚き火が身近で体験できる場≫ target=”_blank”

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

048-212-7774

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

コラムバックナンバー

焚き火コラムランキング

⇑ PAGE TOP