焚き火は自分とのコミュニケーション

2020.05.06 (水)

 
焚き火を囲みながら仲間との会話。フラットで素直でたのしい空間。初対面でもなぜか仲良くなれる、それが焚き火の醍醐味。焚き火は他者とのコミュニケーションを自然に促してくれます。

コミュニケーションとは他者との対話、そんなふうに思っていました。でもひとりでやるソロ焚き火をやって気づいたことがあります。それはコミュニケーションには自分自身との対話もあるのだと。

忙しさにかまけ、日常に追われる毎日。目の前のことだけに必死になる自分がいます。そもそも自分はどうありたいのか?そのために今何をしているのか?たまには自分としっかり向き合う時間が必要です。

でも自分としっかり向き合い、対話するなんてそうそうできないもの。そんなとき、ソロ焚き火を熾してみる。揺らぐ炎を見つめてみる。パチパチとした音を五感で感じてみる。焚き火をじっと一人で見つめていると自分の内面への語りかけができます。

こうして自分とのコミュニケーションができると、自分がどうありたいのかがわかってきます。明日から新たな活力が湧いてきます。そしてワクワク感も増してきます。焚き火を節目に自分をリセットすることができる。そんな焚き火の新たな魅力。だから焚き火はやめられません。

 
焚き火がしたい!と思ったら

焚き火コミュニケーション旬の情報をお届け!友だち登録をお待ちしています。

友だち追加

▼「焚き火のある日常」チャンネル登録はこちら▼

▼よかったらシェアお願いします▼

関連する投稿

現在の記事: 焚き火は自分とのコミュニケーション

お問い合わせはこちらからお気軽に

お電話でのお問い合わせ

048-212-7774

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

コラムバックナンバー

焚き火コラムランキング

⇑ PAGE TOP