プライベートで焚き火ができる場所「一日一組限定」都心から90分〜base Kokko(ベースコッコ)

 

焚き火ときいてどんなことをイメージしますか?「火を見ていると何だが落ち着いた気持ちになる」「何も考えないでいい状態になれる」「火があるとみんなが自然に集まってくる」「何もせずただ焚き火を見ている時間が心地良い」「不思議と素直な気持ちになれる」これまでお越しいただいた方々の声です。焚き火にはそんな深い魅力があります。

そんな焚き火。じゃあやりたいと思ったらどうなるでしょう?何ヶ月も前にキャンプ場を予約して、たくさんの荷物を持って、渋滞の中長時間かけて現地に出向いていく。行った先では「ここを使ってください」と場所の制限をされて、休日に押しかけた大勢の人の中で焚き火をすることになります。労力がかかるし、ゆっくりできない。何のためにやってきたのかわからなくなりますね。

プライベート焚き火ベース「Kokko(コッコ)」は、焚き火がしたいと思ったらすぐにその場で焚き火ができる専用フィールドです。焚き火に必要な設備は全て整っています。「一日一組限定」の完全プライベート制。手ぶらで、しかも都心(池袋)から90分。周囲に気兼ねすることなく、自分だけの焚き火をたのしむことができるオトナの隠れ家的な空間です。

焚き火baseKokkoは標高700メートルの山の上にあります。山道を登りながら別世界へと進んでいくようなイメージです。焚き火ができるスペースからは山の稜線を眺めることができます。車で10分も走れば山頂まで到着。頂上には天文台があって360度星を見渡すことができます。(※写真は2018.11月下旬ドローンで撮影)

「キャンプは大変、もう少し気軽に焚き火ができないかな」「家族水いらずの時間を過ごしたい」「少人数、気の置けない仲間だけで焚き火の場をたのしみたい」「たまには一人になって焚き火をしながら自分と向き合いたい」「大勢でワイワイガヤガヤではなく静かな焚き火を味わいたい」「重装備なし手ぶらで焚き火そのものをたのしみたい」そんなご要望にお応えします。

建物裏から広がる山並みを見ながら深呼吸。新鮮な空気がからだ中を巡っていくのを感じます。それだけで心が開放されます。四季折々に変化する山の姿を目の当たりにすることができます。

標高700メートル。夜は満点の星空のもと焚き火を囲むことができます。目の前に降ってくるような星空が心を動かします。近隣には関東周辺が360度見渡せる穴場的な天文台もあります。


建物は、本場フィンランドから直輸入した材を使って現地職人の手でつくり上げたログハウス。築30年の歴史が積み重なった本格ログハウスで、普通の宿泊施設では味わえない非日常体験をしてみてください。⇒ログハウスについての詳細はこちら


Kokkoは、フィンランド語で焚き火を表す言葉です。森が美しく人に優しい自然と共に生きる国の魅力も取り入れながら、焚き火を囲んだ至福のひとときを演出したい。そのままの自分に戻ってもらう場をつくりたい。それが私たちの想いです。


多忙な毎日で疲れたこころとからだをゆっくり癒す。焚き火を介してその場で出会った人とのご縁をたのしむ。一人静かに焚き火をみながら自分自身を見つめ直す。どう過ごすかはあなた次第。自分がしたいように焚き火スタイルをアレンジいたします。肩肘張らず自然体になる。それが一番です。Kokkoで自由な焚き火と素の自分に戻れる空間を体験してください。心よりお待ちしています。

所在地:埼玉県比企郡ときがわ町大野勝負平(都内から最寄り駅まで60分)
※お越しになる際に詳細のご案内を差し上げます。

空き情報&ご予約はこちら


私たち管理人がアットホームな中お迎えいたします。

 
手ぶら日帰り焚き火体験

焚き火を満喫!宿泊プラン

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

048-212-7774

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

コラムバックナンバー

焚き火コラムランキング

⇑ PAGE TOP