焚き火研修~ホンネの語り合い、メンタルヘルス&チームコミュニケーション

 

焚き火研修とは?

野外天カフェ焚き火w

 
日頃の職場を離れ、自然の中に身を置き、五感を研ぎ澄ます。メンバーと協働する中から、メンタルタフネス効果を得ると同時に、チーム・仲間の大切さを体験から学ぶ研修です。

 

なぜ焚き火なのか?

メンタルの問題、チームづくりの根幹になるのは「ホンネの会話」です。どれだけ個々人がその場で自己開示できるかにかかっています。これを「安心・安全の場」と言います。「この場ではどんなことを話してもいいんだ」そう思える場です。「ありのままの自分」でいられる場です。

 

サラリーマン時代、たくさんのチームと関わってきました。どうすれば本当にメンバー一人ひとりがわかり合え、一人ひとりの力が発揮できるチームになれるのか?試行錯誤しました。現場で積み上げてきました。その後独立し、チームづくり、場づくりについての本を読みあさり、研修やセミナーに参加し学んできました。その結果わかったことがあります。

 

メンタルの問題を解決し、良いチームをつくるのは、本当の意味での「安心・安全な場」がつくれるか否かにかかっていることを。「安心・安全な場」をつくるために、アイスブレイクをやったりアクティビティなどを取り入れるなどたくさんの手法があります。ファシリテーションというスキルもあります。でも、そうした意図的、人為的な場づくりだけでは、本当の「安心・安全な場」をつくることはできません。人の気持ちは理屈だけでは動かないからです。

 

焚き火研修は、場そのものを会議室から野外に変えます。そのことで自然な開放感をつくります。その中核にあるのが焚き火です。焚き火を囲んで車座になります。囲んだメンバーが火という同じところを見つめます。その先にはメンバーの姿があります。日常しているようでしていない行為です。焚き火を囲んで語り合ったシーンは脳裏に残ります。

 

アメリカのネイティブアメリカンはキャンプファイヤーを囲んで延々と話し合うことを通じて合意形成をしてきたといいます。

—夜、焚き火を囲んで輪になって座り、さまざまなことを話し合う。その場にリーダーはおらず、皆の意見が同じような重さで他の人々に受け止められる。一人が話しているときは、その話が終わるまで、誰かがそこに割って入るようなこともない。皆が平等の立場に立ち、話し合いを進めていくうちに、始まったときと同じように、自然に話し合いが終わる。—-(ダイアログ:対話 米デビッド・ボーム博士)

 

外国だけでなく、日本でも炉辺で話し合いがされてきました。焚き火をするとそこには人が集まってきました。人は焚き火を囲むことで自分の原点に語りかけることができます。大自然の中で人はちっぽけな存在になります。ありのままの自分でなれます。自然の力は雄大です。自然を基盤にした本当の「安心・安全な場」がここにあります。人と人との輪をつなぐもっとも原始的なコミュニティ、原点に戻る場、それが焚き火です。

 

こんな会社・団体へおすすめ

☑社員のメンタルをフォローしたい
☑新入社員に組織の中で仕事への取り組み方を教えたい
☑新規プロジェクト発足にあたり、チームの一体感をつくりたい
☑職場のホンネのコミュニケーションを促進したい

 

研修実施のメリット

厳しい経営環境の中、今メンタル不調の予備軍は急増しています。その背景をふまえ、平成24年従業員50人以上のすべての事業者に対しメンタルヘルス(心の健康)チェックを義務付ける労働安全衛生法改正が行われました。またメンタル疾患はがん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病に加え、5大疾患となりました。従業員がメンタル疾患で休職することは企業にとって大きな損失になります・今後、従業員のメンタル強化は避けては通れない課題です。さらに一歩踏み込み、メンタルを強化し、個の力、チームの力をつくり出すことは経営力の強化につながります。

 

社員一人がうつで休職した場合にかかるコスト参考例:
医療費負担110万円、法定給付金・疾病手当・見舞金700万円、代替の派遣社員人件費1000~1500万円、医師との事務連絡業務コスト20万円、退職金、自殺、損害賠償・・・
(出典:メンタルタフネス経営(渡部卓氏著)

 

焚き火研修4つのコンセプト

①日常生活を離れ、普段とは違った環境、特に自然の中で五感が刺激されることで、心身をリフレッシュし、ストレスを解消する。(転地効果・リトリート効果)

②焚き火がつくる空間で自己開示、本音の話をひきだし、自己肯定感ひいては自信をつくりだす。(※焚き火には、色彩効果、フィトンチッド効果、1/fゆらぎ効果、遠赤外線効果などが期待できる/臨床心理士)

③野外活動の中で仲間との協働(チームのすばらしさ)を体験から学ぶ。

④参加者が限られたリソースを活用して、所定の結果を生み出すことを体感的に学ぶ。

焚き火研修3つの基本ルール

①基本はすべて現地調達(火はすべて焚き火、自然にあるものを使う)。
②時間を守る。
③相手を尊重する。

焚き火研修プログラム(基本)

<Day1>
10:00~12:00 集合 → キャンプサイトの設営
12:00~13:00 昼食&かたづけコミュニケーション
13:00~14:00 【プログラム1】 森の中、葉っぱの上で寝転ぶ
14:00~16:00 【プログラム2】 薪集め&かまど&火の準備
16:00~18:00 【プログラム3】 夕食準備
18:00~19:30 【プログラム3】 夕食&かたづけコミュニケーション
19:30~21:00 【プログラム4】 ナイトウォッチングツアー
21:00~      【プログラム5】 焚き火カタリバ(クライマックス)
<Day2>
6:00~ 7:30 起床、朝食準備
7:30~ 9:00 朝食&かたづけコミュニケーション
9:00~ 9:30 【プログラム6】 想いを記録&記憶に残し、次に繋げる
9:30~10:30 キャンプサイト撤去
10:30~     解散~日帰り温泉(オプションサービス)
◎参加者一人一人について研修受講ビフォーアフター観察レビューをフィードバック

 

<フォローアップ研修(オプション)>
グループワーク、個別カウンセリング

 

オープニング&アイスブレイク「キャンプサイトの設営」

タープ設営

 

【プログラム内容】
やり方を少し示す→あとはやってもらう(例)タープ設置;「1本だけやってみせます。あとはみんなでやってみてください」「水汲みをお願いします」

 
【得られる効果】
★お互いの距離感を縮める場づくり(アイスブレイク)
★周囲に対する配慮、気配り、状況判断、相手への思いやり
★自主性、主体性
★対話力
★行動力、率先垂範力

 
【ビジネスシーンへの応用】
現状把握能力、機会把握、リスク察知能力を培うことができます。限られた情報をもとに計画やメンバーの組織化、役割分担を行うことでビジネス現場での判断力を養うことができます。能動的に動ける人か否かを見極める材料になります。また、能動性の重要性を認知させることもできます。

 

【プログラム1】「川と一体になる」「大地や葉っぱの上に寝転ぶ」

ねころぶ

足つけ

 

【プログラム内容】
手のひらで木の幹、岩、沢を直接ふれる。素足で落ち葉の上に寝そべる。抜ける空、木立の葉がゆれる音、小鳥のさえずり、せせらぎの流音を感じる。
【得られる効果】
★リラックス効果
★人間の五感を取り戻す効果
★脳活動・感情の沈静化、血圧の低下
【特記事項】
都会の喧騒を離れ自然の中に身を置くと、普段のストレスの大きさがわかります。森にはフィトンチッドという樹木物質があり、リラックス促進、免疫力を高める効果があります。森林保養の本場であるドイツでは森林保養地での有給休暇が認められています。

 

【プログラム2】「薪あつめ&火の準備」

P1060842w

 
CIMG3914w

 

【プログラム内容】
現地調達を基本とするので、近隣より薪になる小枝などを集めてくる。その後、かまどづくり、火おこしを行う。
【得られる効果】
★シンプルな作業に没頭することで頭がクリアになる。
★協働作業により、その後の会話がスムーズになる。
★限られたリソースでいかに効率よく火をおこすかのプロセスで工夫する力、創造力が磨かれる。
【ビジネスシーンへの応用】
リスク、トラブルに対処する際の心構えと考え方を学べます。
課題にフォーカスし、解決策を考え、実行する体験をすることでビジネス環境での危機対応能力の向上を図ることができます。

 

【プログラム3】「夕食準備&かたづけ」

P1060819w

 
P1060920w

 

DSC00358w

 

【プログラム内容】
決められた時間内に食材から夕食をつくるプロセスを体験する。
【得られる効果】
★相手に配慮しながらも、うまく自己主張する力を学ぶ
(アサーション)
★雑談・談笑の重要性を学ぶ(ジョハリの窓)
★状況判断力、役割分担力
【ビジネスシーンへの応用】
職場の人間関係を円滑にするための雑談・談笑力が身に着きます。取引先との対話時に自然な自己開示と相手からのフィードバックをキャッチボールすることができるようになります。ひいては相手との信頼関係をつくる力になります。

 

【プログラム4】「ナイトウォッチングツアー」

DSC06584w

【プログラム内容】
夜空の満点の星を見にいきます。内省し、思いを語ります。
【得られる効果】
★忘れた去られた五感を研ぎ澄ますことができる。
★「安心安全な場」づくりが加速する。
★仲間意識が醸成される。
【ビジネスシーンへの応用】
感覚の大切さを体験します。ビジネスにおいては論理的思考だけではなく、マーケットの変化や、顧客の心理、自分自身の顧客としての感覚を研ぎ澄ますことがブレークスルーを生み出す力になります。考えるだけでなく、「感じる」ことの重要性を学びます。

 

【プログラム5】「焚き火KATARIBA」

DSC00038w

 
DSC01133w

 
DSC06897w

 
P1140527w

 
IMG_5363w

 

【プログラム内容】
1日を振り返りながら、焚き火を囲んで、一人ひとりの悩みや思い、夢を語り合う。本研修のクライマックス的存在。焚き火の前では沈黙があっても無理に発言する必要はありません。一般に言葉を使って論理的に考えるのが左脳の働きと言われます。それに対し、五感を使ってイメージなどにより全体性を感じ取るのが右脳の働きと理解されています。焚き火にはこの2つの要素を同時に叶える効果があります。

 
※暖をとり、灯りをともし、料理を作り、暮らしの傍らには必ず火がありました。囲炉裏のまわりには家族が集まって食事をし会話をしてきました。火はコミュニケーションを促進する重要な要素を果たしてきました。焚き火は眺めているだけで気持ちよく心が和みます。火を見ていると何となく落ち着き、素直な気持ちになれるのは、悠久の昔からのDNA効果でもあるともいわれています。

 
【得られる効果】
★本音の会話、素の自分、ありのままの自分を開示することで、お互いをより深く知り合い、認め合うことができるようになる。
★一人ひとりの個性、魅力を引き出し合える。
★自己肯定感から自信をつくり出せる。
★真の「安心・安全な場づくり」がチーム内にできる。
【ビジネスシーンへの応用】
相手を尊重する力、相手の話に耳を傾ける「傾聴力」、相手の良さを見つける「洞察力」「観察力」、話を整理し発想を広げる「質問力」が身に着きます。

 

【プログラム6】「想いを記録&記憶に残し、次につなげる」

P1060921w

 
P1060929w

 

P1060933w

 
【プログラム内容】
2日で体験したことを振り返り、内省する。明日からの具体的アクションをメンバーにコミットする。「木のアクションプレート」
【得られる効果】
★メンバーのコミットを聴くことでモチベーションが上がる。
★その場かぎりで終わることなく、職場に戻ったときの具体的アクションにつながる。
【ビジネスシーンへの応用】
得たい成果の確認→問題点のあらいだし→どのようにしたら問題をクリアできるのか→コミットメント・・・というサイクルを身につけることで問題解決能力、業務遂行力が身に着きます。

 

ビフォーアフターの行動観察レビュー

 

研修プログラム費用

お一人あたり50,000円~(税別)
研修プログラム企画設計実行、研修ツール制作費、宿泊費、食材・飲み物費、技術指導費、保険料
※最低催行人員5名
※雨天の場合は、屋根付き施設を利用
※上記は1泊2日コース、体験半日コース、1Dayコースもあります。
※費用および参加人数につきましてはご相談に応じます。
(例:体験半日コースの場合お一人あたり15,000円~税別)

※出張研修も承ります。
※現在新プログラム移行に伴いモニター企業様募集中。実費プラスアルファで実施させていただきます。

 

焚き火研修のお問合せはこちらから

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

048-212-7774

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP