焚き火で晴耕雨読な生活

2014.01.07 (火)

晴耕雨読と言います。

ーーーーーーーーーーーー
晴れた日には田畑を耕し、
雨の日には家で読書する。

世間の煩わしさを離れて自由気ままに生活することで、
悠々自適として自然のままに生きる様をいう。

晴れた日は外で活動し、
雨ならば内にて活動する人間本来の姿を示す。
ーーーーーーーーーーーー

人間本来の姿。

原点を振り返ることができる言葉です。

 
心が開くはじめて焚き火体験

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 焚き火で晴耕雨読な生活

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

048-212-7774

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

コラムバックナンバー

焚き火コラムランキング

⇑ PAGE TOP