焚き火がしたいと思ったときまさかの場所

2018.11.08 (木)

焚き火baseKokkoに訪れる人はどんな人なのか?「テレビでキャンプシーンをやっていて焚き火の場面をみた」「災害対策でろうそくの用意をしていて焚き火のことを思い出した」「焚き火と言えば子供の頃に庭で燃やしていた記憶が蘇ってくる」「焼却炉があってゴミを燃やしていた風景」

きっかけはいろいろ。とにかく無性に焚き火がしたくなった。でも焚き火なんてどこでやったらいいの?皆目見当がつかない。ネットで焚き火ができる場所を探してみた。すると出てきた。まさかあるとは思わなかった。ほんとにあるんだとびっくりした。見つけたときは何だかうれしい気持ちになった。

このところこんな話が連続しています。焚き火が恋しくなる時。そんな時が人にはあるようです。きっと火の持つ力なのでしょう。人間のDNAに刻み込まれているのかもしれません。特に余裕にない現代人にとって焚き火は心のオアシス的存在と言えます。

特別に手の込んだことなんてありません。木の枝を拾ってきて地面で組み合わせる。着火する。自分の好きなように枝をくべていく。くべやすいように枝を折る。そしてまたくべる。ただこの繰り返しです。

自然の中で自然のものだけを使ってシンプルにできる動作。ゆらめく炎を見る。パチパチと薪が爆ぜる音を聴く。煙の香りに包まれる。枝を素手でくべる。いつも身の周りにあるものを焚き火にかざして焼いてみる。焚き火をすると一度に五感を開くことができます。

キャンプに行くのは大変。車もいるし、道具もいるし、ある程度の人数もいないといけない。となると大げさになっちゃう。というかそもそもキャンプがしたいわけではない。焚き火が純粋にしたいだけ。大人数ではなくパーソナルにやりたい・・・そんな思いを叶えます。

素になれるはじめて焚き火体験

 
焚き火コミュニケーション旬の情報をお届け!友だち登録をお待ちしています。

友だち追加

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 焚き火がしたいと思ったときまさかの場所

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

048-212-7774

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

コラムバックナンバー

焚き火コラムランキング

⇑ PAGE TOP