東京から一番近い埼玉で焚き火ができる場所

2018.12.30 (日)

ふと昔のことを思い出して焚き火が無性にしたくなった。そうは思ってみたものの、いったいどこへ行けばいいものか?道具があるわけでもないし。一人で行こうとなるとさらにハードルが上がる。近くで焚き火ができる場所がないかなあ?こんな思いになったことってありませんか?

今はどこでも焚き火ができるという環境ではありません。焚き火をするにはキャンプ場に行かないといけなくなりました。キャンプ場に行くとなると当然キャンプの用意が要ります。何日も前から予約しないといけません。たくさんの装備があるので車も必要になります。そうなってくると大そうな話です。焚き火がしたいだけなのに・・・いつしかそんな思いはどこかに消えてしまいます。

「埼玉に焚き火ができるこんな場所があったなんてびっくりです」焚き火日帰り体験にお越しいただいた方からちょくちょく言われます。そうなんです。今まではなかったのです。なぜなら僕自身が探すうちの一人だったから。もっと家の近所で気軽に焚き火ができる場所はないものか?ネットで探しまくったときもあります。

例えば「埼玉 焚き火」で検索してみます。すると巾着田キャンプ場や薪が使い放題のキャンプ場の一覧が出てきます。それなりなのですが禁止の制約があったり、思い立ったらお手軽にというのとはちょっと違います。なかなか条件を満たす場所は見つかりませんでした。

その後、焚き火の場を主催する仕事を始めました。キャンプでなく焚き火がしたい。それもできるだけお手軽に。そんなニーズに応えようと考えました。来ていただく人の利便性を考えたらできるだけ東京から近い方がいい。またしてもいろいろと調べました。適当な場所は見つかりませんでした。

当時はキャンプ場の一角を借りて焚き火の場をつくっていました。車で一式装備を運び込んでいました。ミニバンに荷物満載です。荷下ろしして場を設定するだけでも重労働でした。増して終わった後の片付けはさらに大変でした。夕方3時間のためだけに前日から準備、朝から入って夜遅くに帰宅するサイクルでした。「こんなに続けられないなあ・・・」そう感じました。

「場所がないなら自分でつくるしかない」発想を変えました。自分の目と足で物件を探し始めました。なかなかめぼしいところはありありませんでした。1年以上かけてこの場所にご縁がありました。山の上で不便というのは一見デメリットでした。でも後になって俗世間とリセットするという意味で好材料に変わりました。

焚き火basekokko(ベース・コッコ)は最寄り駅まで都心から90分。そこから山の中に入っていきます。想像するよりずっと近くにあります。いつでも思いたったら気軽に焚き火ができる。キャンプの用意なんてしなくても大丈夫。自分が欲しかった場所を。こんなところでもっと身近に焚き火を感じてみてください。

お手軽日帰り焚き火体験

 
日々焚き火動画
チャンネル登録はこちら

 
焚き火コミュニケーション旬の情報をお届け!友だち登録をお待ちしています。

友だち追加

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 東京から一番近い埼玉で焚き火ができる場所

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

048-212-7774

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

コラムバックナンバー

焚き火コラムランキング

⇑ PAGE TOP