雨の日のキャンプの焚き火

2015.05.18 (月)

Zelten

そろそろ梅雨が近づいてきましたね。
雨の日のキャンプでは、皆さんは焚き火をどうしてますか?

タープを張って、その下で焚き火台を使えば、問題はないですね。
けれど、舞い飛ぶ火の粉でタープに穴が開きかねません。

かといって、焚き火無しというのもつまらないし、、、
調理をするのにどうしても炭火が必要なんて場合には、何とかするしかありません。

一般的には雨の日に焚き火を熾すのは無理と思われがち。
ですが、やり方しだいでは、晴れの日とそう変わりなく出来るんです。

1)なるべく濡れた地面を避け、排水性の良い場所を選ぶ。

2)集められるなら、小石や砂利を地面に敷き詰め、水はけを良くする。

3)その上に太い生木を平行に並べ、焚き火のベースとする。
もし生木が無い場合には、太目の薪でもOKです。
その後、焚き火を熾し始めるまでは、濡れないように新聞紙やビニールシートなどで覆っておきます。

4)なるべく雨に当たらない場所で、なた等を使い、太い薪を細く割る。
濡れた薪でも、内部は乾燥していますので、割って使えば火がつきます。

5)細かい焚き付けや、上記5)で作った、細かい薪を通常の焚き火時よりも1.5倍くらい準備して、焚き火を始める。
この時、小さく熾き始めた火が雨に当たって消えないよう、新聞紙を被せてカバーしてあげます。

6)太目の薪を、屋根を作るような感じで焚き火の上部へ平行に並べ、火元に雨が当たらないようにする。
この薪が雨をシャットダウンしつつ、下からの火で乾燥させられ、燃えることで大きな炭火となり、消えない焚き火の元となります。
大き目の石で囲むように竈を作れば、その石へ薪を渡すようにして差掛けられますので便利です。

いったん熾った炭火は、相当の豪雨で無い限り、ブスブスと煙を吐きながら燃え続けます。
熱く熱せられた火床の熱量は相当なもの、この状態に持っていくまでが、雨の日の焚き火の勝負所です。
皆さんもキャンプから帰る際に、焚き火へ水を掛けても、なかなか消えきらなかったなんて経験、お持ちですよね。

諦めないで焚き火を相手に奮闘しているそのうちに、雨が上がるかも。
そしたら澄んだ綺麗な星空の下、キャンプファイアーが楽しめるかもしれませんよ

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 雨の日のキャンプの焚き火

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

048-212-7774

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP